お任せ!名入れタオル作成ガイド

ホーム > 名入れタオルを作成するには > 名入れタオルの作成はネットでするのが便利

名入れタオルの作成はネットでするのが便利

どんな人の生活にも欠かせないものの一つに、タオルがあります。
特に好きなブランドがある場合や、絵柄が入ったものが好きという人にとっては、粗品やご挨拶でもらう名入れタオルは敬遠してしまうかもしれません。
けれど、特に頓着ないという人であれば、必要なものだけに名入れタオルでもらえたら嬉しいと感じるでしょう。
名入れタオルを宣伝として使うと、場合によっては毎日会社やお店の名前を目にとめてもらえることから、地味ながらも宣伝効果は確実にあるといえます。
不景気が長く続いた時には作るところが激減しましたが、最近は景気が多少戻ってきたこともあり、再びタオルを使っての宣伝をするという選択肢を取る企業やお店が増えてきています。
これは、特にタオルにこだわりがない人にとってはうれしいことです。


名入れタオルを作成するのであれば、インターネットショップを探すのが便利です。
たくさん見つかりますので、その中から特に利用した人の口コミがいいショップを探し、依頼するのがいいでしょう。
口コミで評判のいいお店は、タオルも品質のいい日本製から安価な点が魅力の中国製まで揃っていますので、予算に応じて選べます。
申し込みは専用フォームに必要事項を記入して、申し込みボタンをクリックするだけで完了します。
細かな注文を付けたい場合は、申し込みをする前にあらかじめ確認しておく方がいいでしょう。
申し込んだ後で対応してもらえないことがわかったら、名入れタオル作りの方針を店に合わせて変えるか、いったん申し込みをキャンセルして再び店探しをし直さなければならず、手間と時間が余計にかかります。


名入れタオルの値段を決めるのは、日本製か中国製かの他に、厚みがあります。
タオル生地の厚みは匁という単位で表示されており、日本では200匁が普通クラス、ちょっと厚めなら220匁になり、厚めだと感じるのは240匁です。
ショップによっては中国製を取り扱っており、中国製ではもっと少ない数字のタオルがあります。
つまり、手に取ったときに薄いタオルと感じるクラスで、経費削減したいのであれば中国製でしょう。
メイドインジャパンにこだわるものの経費を抑えたいなら、200匁が最適です。
ショップごとに最低注文枚数は変わりますが、たいていは最低でも何枚からと決めているところがほとんどだといえます。
タオルの枚数が増えれば増えるほど、1枚当たりのコストは下がってきますが、あくまでもタオルだけの値段ですので、名入れをどのようにするかで値段の差はかなり出てきます。
そのため、何パターンかで見積もりを取ってもらったり、複数のショップで見積もりを出してもらって比較検討することが、上手に名入れタオル作成をするコツです。

次の記事へ

カテゴリー