お任せ!名入れタオル作成ガイド

ホーム > 名入れタオルを作成するには > 名入れタオルを作成する場合のデザイン面は誰に頼むか

名入れタオルを作成する場合のデザイン面は誰に頼むか

名入れタオルを作成するに当たり、どのようなロゴにするのか、デザインに迷う人は少なくありません。
既に企業イメージがあり、イメージに添った形で作る場合にはそれほど難しくはないといわれています。
実際に利用している企業のうち、既にイメージカラーやデザインが出来ている企業の場合には、既に企業側のイメージに沿ったものを作ることが出来るため、時間を短縮出来るでしょう。
もしまだイメージがわいていない場合には、事前に制作してくれる業者に相談してください。
業者の多くでは専属でデザイナーが在籍しており、企業側でデザインやロゴについて考えた物の中から選べるからです。
デザイン料金がかかっても、すばやく効率よく作りたいのであれば、事前にデザイナーと打ち合わせて作ってもらった方がいいでしょう。


自社で社員からデザインやロゴのイメージを募集し、見やすいもの、顧客への訴求率が高い物を選ぶという方法もあります。
企業としてどんな物がいいのか、自社のイメージにそぐう物を選ぶ場合に、上役が審査して選ぶのか、社内でコンペを行うのかに分かれるでしょう。
社内で社員から公募し、デザインやロゴの中から選ぶことは珍しくありません。
今まで知らなかった社員の才能を発掘することにつながるため、社外からデザインやロゴを募集するよりも社内の人材育成にもつながる可能性が高いため、利便性が高いといわれています。
自社で将来的にロゴやデザインを長期間活用する為のアイテムとされていますので、社内の人間の考えたデザインを活用することは経費節減につながるでしょう。
また、名入れタオルを作成依頼する業者の中にはデザイン画をスキャナで取り込み、送ることができるシステムを立ち上げているところが多いため、活用しやすいといわれています。


自社で募集する時間が多くないうえ、デザイナーに依頼するのも費用面で納得できないといった場合、クラウドソーシングを活用することがあります。
イラストやロゴ、デザインとして活用しているフリーランスの人材に、クラウドソーシングを使って外注することで、納得出来るデザインの中から契約するべき人材を選べるでしょう。
クラウドソーシングではコンペ形式を採用しているところが多く、自社の担当者側で納得出来るデザインやロゴであると確認できれば、即採用できます。
担当者は一人だけではなく、会議などにかけて納得出来るデザインを選んでもらった方がいいでしょう。
自社で契約するに当たり、信頼に足る人材かどうか、デザインだけでなく、コミュニケーションや急な変更に対する対応についても即座に対応してくれる企業かどうか確認することで、納得出来る契約が可能となります。

次の記事へ

カテゴリー