お任せ!名入れタオル作成ガイド

ホーム > 名入れタオルを作成するには > 配布にぴったりなのが名入れタオル

配布にぴったりなのが名入れタオル

お店を営業している方は、お客様に日ごろの感謝を伝えたいと考えたときに、何かしらのアイテムを配ろうと考えるかもしれません。
そのときは、消費アイテムではなく、ずっと使い続けるものを贈ったほうがよいでしょう。
そして、日常で便利に使えるアイテムを配布したいなら、様々なシーンで役に立つタオルの利用をオススメします。
汗を拭いたり温泉に持っていったりできるため、用途が限定されるおしゃれなアイテムを贈るよりも、ずっと喜んでもらえます。
なお、せっかくタオルを贈るのですから、お店の名前を入れたほうがよいです。
そうすれば、感謝の気持ちを伝えるとともに、宣伝もできるので一石二鳥といえるでしょう。
現在では、名入れタオルを作ってくれる業者があるので、必要な分だけ用意するのは簡単です。


名入れタオルを利用したいのなら、まずはサイズを決めることから始めましょう。
ハンドタオルやフェイスタオルなど、いろいろなサイズがあるので、好きなものを選べます。
そして、サイズを決めたのなら、タオルの素材を決めましょう。
素材によってさわり心地がまったく異なるため、使ってもらいたいなら慎重に選ぶ必要があります。
しかし、生地の名前を聞いても、さわり心地がまったく想像できない方もいるはずです。
そのときは、生地の無料サンプルを提供してくれる業者の力を借りるとよいです。
その業者が実際に利用している生地のサンプルを送ってくれるので、さわり心地をバッチリと確かめられます。
ただし、送料だけは発生する可能性があるため、事前に確かめて、どのくらいの費用でサンプルがもらえるか確かめておきましょう。


名入れタオルを作成してくれる業者は、文字だけではなくイラストにも対応しているケースが多いです。
そのため、配布するタオルにさらにインパクトが欲しいのなら、自身がデザインしたイラストを使って作成してくれるところを利用しましょう。
タオル一面にイラストを掲載できるため、文字だけのものに比べると、宣伝効果はとても高いです。
なお、自身でデザインができなければ、イラスト用の素材が用意されている業者をおすすめします。
複数の素材を組み合わせられるので、そこに文字を載せれば、立派なオリジナルの名入れタオルが出来上がるでしょう。
サイズも生地もデザインも決まったのなら、後は注文をして、実際に作成してもらうだけです。
もちろん、見積もりを事前にしてもらえるので、必要な枚数を揃えた場合の金額を事前に知ってから、名入れタオルを注文できます。

次の記事へ

カテゴリー